スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

攻撃する母だった・・・藤圭子さん追悼

ご訪問、ありがとうございます。

藤圭子さんが無念の死を迎えました。
ご冥福をお祈りいたします。

私が子どもの頃、アグネス・チャンさんや天地真理さんや小柳ルミ子さんの全盛期でした。
年がバレますね(笑)
もちろん藤圭子さんも記憶にあります。
演歌には興味がないながらも、独特のドスのきいた声に、子どもながらに
思わず見つめてしまったことを覚えています。

月日は流れ、忘れもしない、ある日CDショップでウロウロしていた時
思わず、耳に飛び込んできた曲に心を一瞬にして奪われました。
「Automatic」宇多田ヒカルさんのデビュー曲でした。
そのうち彼女が藤圭子の娘だということで二度ビックリしたのでした。
そして今回の自死によってネットで調べたら、藤圭子さんは岩手県一関出身だということを知り
またまたビックリ!岩手に限ったことではないですが、自殺が多いんですね。
私の同級生然り、友人の父やご近所など、残念ながら人口比に対してあまりにも多いです。

宇多田ヒカル公式ウェブサイトを読んで、思わずぐっときました。
家族全員、どれだけ苦しんできたのだろうと察するに余りあります。
仕事柄、気分障害の母に育てられ、人格を傷つけられ、攻撃されてきたクライアントさんを何人も診て
きました。
サバイバーですよ、本当に。生きていることが奇跡なくらいに。
宇多田さんももそうだったとは・・・

ブログより
>誤解されることの多い彼女でしたが… とても怖がりのくせに鼻っ柱が強く、
正義感にあふれ、笑うことが大好きで、頭の回転が早くて、子供のように衝動的で危うく、
おっちょこちょいで放っておけない、誰よりもかわいらしい人でした。悲しい記憶が多いのに、
母を思う時心に浮かぶのは、笑っている彼女です。
母の娘であることを誇りに思います。彼女に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。<


宇多田さんは出来過ぎた娘さんですね。
そして藤さんの最大の理解者でもあります。
環境が、急いで大人にならざるを得なかったんだろうと想像できます。
5歳くらいから藤さんが壊れ始めたと宇多田パパが記述してますが、
浪曲師の両親と全国行脚のドサ周りで唄う日々、その後彗星のごことく芸能界にデビューして
あれよあれよと人気が出て、長い間リラックスできずに走り続けてきた前半生を経て引退。
アメリカに渡って、静かな家庭を築き、落ち付いた頃に症状が出始めたのですね。

この3人の家庭が、藤さんにとって幸せな家庭だったからこそと思います。
症状というのは、ストレス期には起こりません。
メタ・メディスン的にいうと、症状は、問題が解決されてリラックスした時に起こります。
藤さんは長い間、波乱万丈で交感神経優位のストレス期を過ごしていたんだろうということが
わかります。

辛かったでしょうね。
家庭を愛しているのに、どうにもならない気分障害、愛する人を攻撃したくないのにしてしまい
はっと我に返って謝罪する日々なんて。
でも娘である宇多田さんは、その母を「病気だから」と受け入れるのに相当な葛藤があったはずです。
幼い子にとって、母親は絶対的な存在です。他の母親と違う等、比べて気づくようになるまで
それなりの長い年月がたったはずです。
気づいても認めたくない時もあるだろうし、いい状態が続くと、病気が治ったんじゃないかと
希望を持っては裏切られてきただろうし。

母子2代で文字通り一斉を風靡したわけですが、その濃い光の陰には闇も同じだけ濃かったのでしょう。
哀しいですが・・・せめて宇多田さんが藤さんと同じ轍を踏まず、前向きに生きていってほしいと
願わずにはいられません。

何もできなかったと後悔しないでほしい。
あなたの存在が十分藤さんを癒し、元気づけたはずです。

>悲しい記憶が多いのに、母を思う時心に浮かぶのは、笑っている彼女です。<

哀しい記憶の中でも、間違いなく藤さんの愛は宇多田さんに伝わっていたのですね。
藤さんの笑顔を心に刻んで、どうか強く生きていってほしいです。
そしてまたいつか歌を聴きたいです。


ロンドン西部で心の整体ともいえる補完療法を行っています。
インテグレートヒーリング(IH)キネシオロジーセラピーにご興味のある方は
コチラをご覧の上、メールフォームよりお問い合わせください。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ押してくださってありがとうございます



テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

     

I 'm not enoughという感覚

ご訪問、ありがとうございます。

ここ1~2ケ月ほどなにやらスッキリしない自分がいました。
4月に一時帰国して、戻ってきてからというもの、たぶん・・・今までにない望郷感
つまり、ホームシックというやつですね

18歳で実家を出て以来、10年の一人暮らしを経て、その後、結婚生活に突入し
実家を出てからの期間の方が長くなったわけですが、ホームシックになった記憶がないです。
子育てまっただ中の10年間は、毎年、帰省してましたが、それも自分が少しでも楽をする為
だったので、帰りたいからという気持ちではありませんでした。

ただ、2年前の一時帰国の時にはなかった感覚です。

実親も義理親も年をとったように感じたことも要因でしょう。

積極的にすぐにでも日本に帰りたい、というわけではないのですが、
一度、腰をおろしたいというか、いやただ単にたいして使ってもいない英語の世界に疲れたのか(笑)
たぶん、まだわからないけど、行くべき場所があって、そこに行く前に日本で何かすることが
あるんじゃないかと、ふと思ったのです。

そんな気持ちになると、イギリスにいる意味を探りたくなってきました。

私が今、イギリスにいる意味って何だろう?
私が来た頃は、キネシオロジーを使ってセラピーをしている日本人は私くらいでした。
あとは長年イギリスにお住まいで、ボディトークのマリさん
そして今、キネシオロジーを学び始める日本人がぐっと増えてきています。

11月にはいよいよイギリスはリバプールにてマチルダによるIHキネシオロジーのコース
が開催されます。オーガナイザーは日本人のNatsukoさん
もちろん英語での開催になりますが
2年ぶりのUK国内での貴重な機会です、このまたのない機会をご利用ください。

そして受講された暁には、練習会などフォローアップを定期開催したいと思います。

お申し込みは直接、奈津子さんにお願いしますが、実は今回、フォローアップの為に
日本人を把握したいので、私、ちぇりーまでひと声かけてくださると助かります。
ブログ内のメールフォームからその旨、お知らせください。

・・・と、さて宣伝になってしまいましたが、

話は戻って、それなりに仕事もコンスタントに予約が順調に入り、人間関係良好、
悩みないといえばない、課題はあるけれど、今すぐどうこうするわけではない
はたしてこんな楽でいいのだろうか?という時が、人間ふんばりどころですね。
状態をキープし続けるということは、いかにもろく、弱いものかと思い知りました。

こんな私でも、さすがに不安になってしまったのです。
なぜかご予約がぱたっと入らなくなってしまったのです。
今までこんなことはありませんでした。
いや、あっても、子どもの長期休みだったり、2年ほど前は春夏のお天気がすさまじく
よかったので、そんな時は、セラピーどころではないんですね。
BBQだ、夏だ、ビールだ、ホリディだ!と人は浮かれている時期なので
セッションのご予約は確かに少ない、逆にクリスマスを除く秋~冬にかけてどっと増える(笑)

それでも仮にも今は20度前後とはいえ、季節は夏なので、サイクルとしては
まちがってないんです。
なのに、不安になってしまっていたのです。
ホームシックとも相まって、別に私がどうしてもロンドンにいなくても、いいものは広まるし
キネシオロジーの認知度もどんどん高くなる、それこそ私が望んでいたことです。
それなのに、このなんともいえない、無価値観のような感覚。
これが定期的に私が克服すべき課題だったことに気づかされました。

マリさんにボディトークのセッションをしてもらって、出てきたのは

「I am not enough 」

私は十分ではないと(思い込んでいる)いう感覚ですね。
そもそも十分であるわけがないし、仮に十分でなかったとしてもそれが何か?
で、いいわけです。
でも十分でない自分を感じてみると、ストレスも感じるけど、ホッとする自分もいる。

「十分じゃないのだから、できなくても(しなくても)構わない」

という甘えや逃げ道を自ら許してしまうわけですね。
周りは自分の鏡ですから、こうやって仕事が入らなくなることによって、
メッセージが投げかけられているわけです。

エゴの罠ですね!

こんなちょっとしたことなのに、自分で向き合うのが怖いので、気づかないふりをして
修正をしようとしない弱い私でした・・・

とにかくマリさんにセッションしてもらえてよかった~

自営業、会社のトップ、芸能関係、フリーランスの方など要注意ですね。
もちろん、勤め人だって、同じです。すべての人にあてはまるといってもいいでしょう。
基本、頼れるものは自分の感覚なので、不安や孤独と戦わなければならない環境下におかれて
いると、やってきます、このエゴの罠。
だから宗教や各種元気をもらえそうなセミナーなどに走ったりもするし、
セラピーを受けたくなったり、マッサージや、旅に出たり、お料理、美味しいものめぐりや
片付けにせいを出したりして、なんとかコントロールしようとするのですね。
私も過去にほぼひととおりやりました(笑)

自分がどうすれば改善するということは、自分の潜在意識が一番知っています。

私も、たまには勉強しなくちゃ!と思って、今、メタ・メディスンの勉強会に参加しています。
すごく面白くて濃い内容なので、本当に助けられています。

今はおかげさまで「I am enough」という感覚が心地良くなってきてます。

するとあら不思議、7月はものすごい勢いでご予約が入ってきました
出張のご依頼もあるし、セッションが心から楽しいのです。

手を変え、品を変え、時期を変えてやってくる、私の愛おしい「無価値観」
今度やってきたら、「悲しみよこんにちは」と、にっこり笑って対処したいものです。



ロンドン西部で補完療法を行っています。
インテグレートヒーリング(IH)キネシオロジーセラピーにご興味のある方は
コチラをご覧の上、メールフォームよりお問い合わせください。


健康と医療 ブログランキングへ

癒し・ヒーリング ブログランキングへ押してくださってありがとうございます



テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

     

2012年12月21日アセンション

ご訪問、ありがとうございます。

私が今更言うに及びませんが、
世界標準時、2012年12月21日11時11分に天の川銀河の中心と
太陽と地球が一直線に整列します。日本時間は同日20時11分です。
そしてマヤ暦の5125年の周期の節目を迎えます。

ひとつのサイクルが終わり、新たなサイクルが始まります。

13000年に1度のイベントだそう。

あんまりピンと来ない方や、スピリチュアルに興味のない方も、この時間、
静かに深呼吸をして、pureな気持ちで世界平和を願ったり、
地球の浄化をイメージしたりしてもいいかもしれません。
瞑想が一番いいそうです。
世界同時瞑想なども随所で行われているそうです。
愛する誰かとふっとつながるかもしれませんよ。

冬至なのでもちろんゆず湯!ですよね。
ゆずがない我が家では、みかんの皮でも浮かべようかな(笑)

新しい地球

愛にあふれる地球だといいな


癒し・ヒーリング ブログランキングへ


テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

     

魔法のしつもん家 マツダミヒロさんにお会いしました

ご訪問、ありがとうございます。

しつもん家のマツダミヒロさんがロンドンでお茶会を開催してくださいました。

一年半ほど前にマツダミヒロさんのメルマガに登録して以来、
まさかお会いできる日が来るとは思いませんでした。
しかもセミナー参加というのではなく、お茶会という形で。

きっと私が想像できないくらい、その世界では人気や実績もあり、大勢の前で講演を
なさる方なのでしょうけど、このようなクローズドな会でお話しさせていただくという
貴重な機会をいただきました。

ご本人は、とっても気さくな方でした。

いつか彼のセミナーを聴きたいです。
またロンドンに来られますように。

041_convert_20121107064938.jpg


癒し・ヒーリング ブログランキングへ



テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

     

引き寄せの法則~願いを叶えるには?

ご訪問、ありがとうございます。

日本はGWの後半突入ですね

ロンドンはかれこれ3週間近く雨が降り続いています
日本の梅雨のようです。
それでも湿気は高くないので、じめじめ蒸し暑いわけではなく、
マジ寒いのです・・・ブルブルブル
街へ出れば皆、ダウンを着こみ、ブーツは手放せません。
子どもたちは、ほとんどそとで遊べてないし、このままちゃんと夏が来るのか?
長く暗い冬をやっと終えたはず?なのに大丈夫?イギリス
夏が来なかったら私の心中で暴動が起こりそう


・・・先日、ロンドン大学の構内に初めて足を踏み入れました!
オックスフォードやケンブリッジにも行ったことがありますが、
由緒ある大学がそびえ立つエリアって、素晴らしく高尚な気が流れている気がします。
ご存知のように観光客の多いロンドンです。
高級ブランドが立ち並ぶリージェントストリート(東京でいえば銀座)もあまり高級感は
なくなったように思いますが、とにかく人が多いです。
ところが、大英博物館や大英図書館、その他の博物館、美術館となると急にがらっと
雰囲気が変わるのですね~

で、なんで行ったかというと、ここの構内にスピリチュアルなスキルを教えてくれる
カレッジ(専門学校)が入っていまして、あるワークショップに参加してきました。
しかも内容は「引き寄せの法則」
もちろん、日本でもブームになったし、ご存知の方も多いし今更ベタですが
やはりスピの国、イギリスではどんなふうに教えて下さるのか?
お友達のマッサージセラピストのT子さんを無理やり誘って行ってみたのです。

もちろん英語なので、半分も相変わらず聞きとれませんでしたが
事前知識はあったので、とにかく、楽しかったです。
30数名ほどいらしたでしょうか?

そんな皆さまに、私が習った方法を簡単にお伝えいたします。

①瞑想や深呼吸、散歩でもなんでもいいのですが、リラックス状態をつくる
②リラックス状態で願い事を考える
③願い事に関わる人、物、シチュエーション等、すべてに感謝する
④既に今願いが完全に叶っていることを想定し、イメージする。
*慣れていない人は、寝る間際が脳波がシータ波になる為、効果的です

これを聞いて、私が足りないのは「感謝力」だなあと実感しました。
なぜ感謝が必要かというと、願い事を考えた段階で、どうしてもそれが叶わないのでは
ないかという不安や恐れが付随してしまいます。そのネガティヴな感情をそのままに
すると、なんと!そのまま無抵抗で実現してしまうという恐ろしい結果に
それを「感謝力」が打ち消してしまうそうで、それでやっと願いが叶う方向へガイドや
スピリット、天使、ドラゴン、ハイヤーセルフ、Godたちが導いてくださるとのこと。

東日本大震災以降、生かされていることに感謝する気持ちは素直に強くなりましたが
「感謝力」がネガティヴな感情を駆逐し、凌駕するとは、素晴らしいですね。

早速子どもたちに伝授したところ、8歳の娘が半年以上前に大事なDSのソフトを
失くしてしまい、以来ずっと見つからず放置だったのですが、脅して見つかるよう
させてみたところ、翌朝、突然、まるで失くしたのが昨日のような勢いで
「思い出した!」らしく、ピンポイントでガサゴソ始めるが早いか「DS眼力トレーニング」
のソフトケースを見つけ、「ここにあるはず!」と言うが早いが見事にBINGO
そこに「友達コレクション」のソフトが燦然と輝いていたのでした
さすが、子どもは真っすぐなので、引き寄せ力、素晴らしいですね。

私は今晩から、片づけが済んだ美しいモデルルームのような家の状況を引き寄せ
られるよう片づけを頑張ります!

今年の目標は片づけを頑張ります!






テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。