スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

夏休みいろいろ②

ご訪問、ありがとうございます。

さてさて、いとこたちも無事帰国し、いよいよ私たち家族の旅行です。
イングランド湖水地方~スコットランド東部へと1週間かけて車で回ってきました。

その前に

イギリス在住の方であれば既にご存知ではあると思われますが、
私を含め、多くの日本人が「イギリス」とひとことで理解しているこの国、
正式名称は、
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(略してUK
(日本名:グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)と、いいます。
その為、北アイルランドについては、テロの記憶が新しいので知っていましたが、イギリスは、正式には
イングランドだし、スコットランドウエールズという国は渡英するまでまったくの初耳だったのです。
この両国は、決してブリティッシュ(イングリッシュ)ではありません。
しかも、とても誇り高き民族であるということを本当に全く知りませんでした。
政治上は連合国ですが、本当に全く違う国なのです。

それは行ってみてよくわかりました。

まずは、イングランド北西部湖水地方ですが、日本でも愛されているピーターラビットのふるさとですね。
ビアトリクス・ポター・アトラクションへ一歩足を踏み入れると、そこはキュートなワンダーランド。
実は、それほど好きなキャラクターではなかったのですが、こんな風に展示物を見ると、
かわい~!を連発してる自分がいました。
画像+656_convert_20100904103445

画像+667_convert_20100904102854

画像+671_convert_20100904104410 湖水地方で泊まった宿の素敵な外観

画像+688_convert_20100904104634 室内のレトロな雰囲気

画像+692_convert_20100904104826修正_convert_20101119092655
 
最高に美味しかったボリュームたっぷりのイングリッシュブレックファースト(これはスモールサイズ)

画像+634_convert_20100904111337修正_convert_20101119092603
ウインダミア湖遊覧

画像+629_convert_20100904105102


次回イングランド北部~スコットランドへ
スポンサーサイト

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。