スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

家族セッションその1

まずは夫編
慶太さん雪乃さんご夫妻によるセッション内容は

「英語がうまく聴き取れない」のが問題でした

キネシオロジーとは?
http://www.kinesiology-seminar.com/1therapy/index.html

問題には感情が無意識レヴェルで結びついていることが多いです。
ストレスを考えながら14この主要筋肉の検査をすると、どこの筋肉も弱くて力が入りません。

カウンセリングを進めていくにあたって、いつどこでどんな感情と結びついたものかを
特定することができます。
過去、某専門学校時代のトラウマが始まりだと筋反射でわかりました。
本人にとってはすっかり忘れていたことであり、ただ驚くばかり。

夫は真面目な学生で、明確な目標を持って入学しました。
でも周りにはふざけたように見える学生もいました。ギャップを感じ、そういう人たちとは
つきあわないぞという思いを持ったようです。
それ以降、就職し、専門知識を生かして経理・財務畑を歩いてく中で、仕事上、本人曰く
無駄口をたたく連中とは深くつきあうことなくきました。
実際、仕事量が膨大で、余裕がなかったのも事実です。

ブレインジム http://www.kinesiology-seminar.com/3seminar/1bg.htmlの修正が必要!と、
出たために、もう少し深く原因を探ると、
「感情」をつかさどる旧ホ乳類脳が硬く閉じている状態だとわかりました。
しかしながらこれは、的確な目標設定とこのブレインジムという脳を活性化させる体操を
することによって良好な状態に修正することが可能なのです。

日本では、仕事上、読み書きはほぼ毎日英語を使っていたものの、会話はもちろん
日本語だけです。日本ではそれで成り立っていたのです。
世界中の子会社との連結経理の仕事をしていた関係で、世界各国に仕事上の仲間は
いたのですが、英語のメールでのやり取りだけでした。
たまに出張しても顔を合わすのは2、3日でおしまい。
でもロンドン勤務となり、一日中英語の会議となると、もうお手上げです。
渡英、6ケ月となり、焦りと不安で精神状態もギリギリのところだったようです。

慶太さん「無駄口、きかないんですか?」
夫「きかないですね~、ギャクをふられても相手にせず、黙っちゃいます」
慶太さん「なんでですか?」
夫「余裕ないですから」
慶太さん「英語のコミュニケーションって無駄というか遊びが多くありませんか?」
夫「あ~???そうかもしれない・・・・ですね」

夫本人は、英語が大変なあまり、仕事に関する話題のみでいっぱいいっぱいでした。
しかしながらその余裕のなさが逆に英語を習得するのに足を引っ張っていました。
専門学校時代、無駄口をたたく連中とは気分が悪くなるし、イラつくので話したくない、
聞きたくないという感情と結びついていました。英語のコミュニケーションを取りたいけど、
無駄口はNGだった為に、結局遊びや無駄の多い英語を話せない、聞えないという
問題が起きていたのでした。

実際、ノリの軽い上司は、たぶんあまりにガチガチな夫をほぐそうと和ませようとしてくださって
ギャグをふっていたのでしょう。でもいっぱいいっぱいの夫には全く響かなったようです。
無駄口とおぼしきものには反応しないパターンが旧ホ乳類脳のところでガチガチに
固まってしまっていたようです。
そこで大きな気づきがあったようです。

確かに・・・新しく語学を学ぶには無口な人よりおしゃべりな人の方が上達は早いし。
現地校にほうりこまれた子どもたちも、遊びながら英語を覚えていきます。

日本語だけだったら通用したのです、でもここは英語の国、英国。
まずはそのノリの軽い上司のギャクを返すことがから始めようということになりました
そして「軽い」に異様に反応したので、なぜか・・・軽いといえば高田純司、彼みたいになれたら
できそうだ、ついでに「自由に生きたい」という本音が出てきました。

自由に生きたかったのに、なにゆえかそれが出来なかった・・・・
逆境に耐えて不自由に生きることに酔ってさえいた?・・・
本当は専門学校時代、ふざけたように見えた学生たちをうらやましいとも思い、コミュニケーションを
取りたかった?等など、いろいろ出てきたところで一発。

最初の一歩の目標設定「私、○○は自由に生きます」これでがっちりと筋反射で
確認できました。
そしてブレインジムの体操をして、筋肉検査をしたところ、あんなに弱かった筋肉が全てがっちりと
力が入るようになってました。
英語の堪能な雪乃さんが英語で話しかけると、すらすらとよどみなく出てくる英語・・・・
私はその光景を見て驚きました。話すときは必ず、Uh~とか間に入れながら、つっかかりながら
しゃべっていたのに、スラスラと、妻の私がそれを実感しました!

ブレインジムすごいです!
スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。