スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

赤ちゃんは完ぺきな存在

ご訪問、ありがとうございます。

思い起こせば私たちは、「ヒトは動物に比べて未成熟な状態で生まれてくる」
と、習ってきました。
確かに動物は生まれてすぐに立てる、それは事実です。
だからなんの疑問も持ちませんでした。

でも本当にそうなのでしょうか?

むしろ赤ちゃんは全脳を使っている唯一の存在です。
「4分の1の奇跡~本当のことだから」のロンドン上映会のお手伝いをした後、
たくさんの学びや気づきがありました。
重度の障がいをお持ちの方は、産まれた時から歩くことはおろか、意志の疎通もままなりません。
産まれた時の赤ちゃんの機能、そのままです。
では彼らは不完全なのでしょうか?
そんなことはありません。

白雪姫プロジェクトをご紹介します。
国学院大学教授の柴田保之先生が主宰する「きんこんの会」というのがあります。
これがなにかというと、意識障がいがあって、意志の疎通が困難であるとみなされていた障がい者にも
意志はもちろん思考も言葉もちゃんとあるという事実を紹介されています。
柴田先生はこの方たちの通訳を行っているわけですが、介助者であるご家族はもちろん、当のご本人が一番
驚いていらっしゃるようです。

どうして自分の言うことがわかるのか?と皆、一様に驚きを隠せないようですし、
何より、家族ではなく、自分に直接問いが投げかけられることが驚愕なのだそうです。
細かいニュアンスや言い間違がって言い直すこともあり、忠実に通訳されているそうです。
また、指を使った筆談の指導や、「スイッチ」といって目の動きなどで言葉を音声に出せる装置もあります。
イギリス出身の宇宙物理学者、ホーキンス博士は有名ですね。

事実、障がいのない人は五感や手足をフルに使っているかというと、どれもある程度は使えているかも
しれないけど、フルではない。
では、意識障がいで寝たきりの方は体が動かせない分、五感が人の倍、発達していることは十分ありえます。
それこそ、六感も。何十年も先のカレンダーを完ぺきに理解している方もいます。
真っ白なミルクパズルを寸分の狂いなくあてはめられる方もいます。
テレパシーで会話が出来たり、宇宙から降りてくる情報を瞬時にキャッチしているかもしれません。

赤ちゃんの話に戻ると、赤ちゃんはよく壁に向かって反応したりします。
いわゆるワンネスの世界を体いっぱいに表現しています。
あなたも私もなく、ただ在るだけ。
赤ちゃんは精霊も天使も霊も宇宙人とも会話してるかもしれません。
我が家の息子も、何らかの目に見えない存在と普通にコミュニケーションしていたようです。
しかし、3歳になったある時から、
「あの隅におじさんがいつも座ってる」とか「あそこに赤ちゃんオバケがいる」
と、対象物を指で指して、教えてくれるようになりました。
もちろん私には見えませんでしたが、この子には見えるのだ、驚いたものです。

西田史郎氏著「驚きの最強思考「赤ちゃん脳」という本によると、

赤ちゃんは好奇心にあふれ、やりたいことはすぐに実行に移す
失敗を恐れずできるまでやりとげる
他人の目を気にしない
無駄に落ち込んだり反省しない
応援者に恵まれる

我が子が産まれてきた時、生きているだけで最高に幸せを感じたことを思い出します。
お母さんは皆、覚えているはずですよね?

赤ちゃんの存在はそのままで完ぺきではないでしょうか?
完ぺきな愛の存在価値ではありませんか?

つまり人間は最高最善の状態で産まれてくるのだと私は思うのです。
いろんなことができるようになっていく過程の中でこれはできるけどあれができない、と
ジャッジしているのは親であり、社会です。
つまり、成長過程において完ぺきさが奪われ、失われていく、奪われては取り戻し、失っては復帰する、
その繰り返しが成長過程で行われていくのです。

産まれた時に完ぺきだった存在、全ての人から愛される存在である自分を取り戻すゲームを
ずっと続けてきて、今も続けているのが私たちなのではないでしょうか?
これができない、あれが足りない、もっと欲しい、といったエゴだけが肥大しているこの人間社会
そろそろゲームを降りませんか?

久しぶりに日系美容院で日本の新聞を読みました。
驚くことに、流行りや、新商品発表、広告、宣伝の嵐でした。
十分持ってるのに、これを買え、あれを手に入れろ、今時持ってないの?といった
不足感をあおる宣伝ばかりで吐き気がしそうでした。
その一方で断捨離だ、片付けだ!と言ってるのですから疲れました。
もう日本の広告を何年もちゃんと見ていないので、すっかり所有欲がなくなってしまった私です。

実はセラピーでもよく出てくるテーマの根底にあるのが「足りない」という感覚なのです。
本当は私たちはそれこそ自分に備わる感覚がフルに使えたら、キリストと同じことができるに
違いありません。できないのは使い方を知らないから、選んでないから、ただそれだけです。

足りない感をあおっているのは誰でしょうか?

本当はすべて在るのです。

足りないものなど何もない。

マインド(頭)だけではなく、心(ハート)に従って生きること

そろそろゲームを降りませんか?

「ヒトも動物も全ての生きとし生けるものは完璧な状態で生まれてくる」

これが私が、今、確信していることです。

あるがままの自分ってこういうことなんだな、と、やっと府に落ちました。
足りない(と思い込んでいる)自分なのにこのまま受け入れていいの?とずっと引っ掛かっていました。

わたしもわたしのままでいい
あなたもあなたのままでいい
あなたはわたしであり、わたしもまたあなたであるから。



ロンドン西部で心の整体ともいえる補完療法を行っています。
インテグレートヒーリング(IH)キネシオロジーセラピーにご興味のある方は
コチラをご覧の上、メールフォームよりお問い合わせください。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ押してくださってありがとうございます

スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。