スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

東日本大震災から2年

ご訪問、ありがとうございます。

ちょうど一時帰国したのが震災前の2010年末~2011年の年始にかけて。
以来、その2ヵ月後、2011年3月11日に東日本大震災は起きました。

イギリス時間では、早朝、5:46分。
当然その時間にはまだ起きておらず、7時頃起きて、子どもたちを学校に送り出すべく
忙しくしていました。まだ、BBCもすぐにはつけておらず、友達から電話があって
すぐにBBCをつけるよう、大変なことが起こっていると・・・

大津波の映像が目の前に飛び込んできて、見慣れた東北のどこにでもある風景が
田んぼが、家が、道路が、車が呑みこまれていくありえない映像。
子どもたちも呆然。
それでも学校へ行く時間がせまっていたので、すぐに家を出て学校へ向かう。

学校へ着くと、まだ知らない日本人ママたちも多く、伝えるとビックリして
リアリティのないまま、ネットとテレビをチェックしに急いで家に帰る、
さっきのは夢なのか?いや夢であってほしいと願いながら、帰宅しても
当然夢ではなかった。

実家へ電話してもつながらず、それでもドコモだけはつながったので、妹と連絡がとれ、
親友ともつながって、無事を確認できて安堵するも、事態は刻一刻と深刻になっていく。
東北一帯は、停電、断水の為、テレビもネットもつながらない様子。
それを私がイギリスから説明するという奇妙な状態。
かなり冷え込んで、暖がとれないので、毛布や布団をかぶり、夜はろうそくの明かりを頼りに
暮らすこと、数日。岩手県沿岸は壊滅的な被害を受けているのを知るにつけ、
これくらい我慢しなくちゃね、家もある、命もあるだけで幸せなんだから、と母。

ネットから離れなれなくなってしまったのは私だけではなかった。
それでも日常は普通に過ぎてゆき、そのうち、知る人々が増えてくるにつれて
道を歩いているだけで、「Japaneseか?あなたの家族は大丈夫か?」と見ず知らずの方から
声をかけられ、涙が出ました。

そして、悲しみに浸って泣き暮らしていても、何も変わらないことに気づいた人たちは
次々とチャリティを立ち上げ、募金活動を始めました。
何かできることはないか?
海外に暮らす日本人は、同じ思いだったはずです。

そして2年を迎え、この春、3月19日~4月9日まで一時帰国します。
2年2カ月ぶりの日本の地です。

日本はどんな風に変わったのか?あるいは何も変わらないのか?
この目で見てまいります。

この期間、IHキネシオロジー始め、各種セッションはお休みになります。



健康と医療 ブログランキングへ

癒し・ヒーリング ブログランキングへ押してくださってありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。