スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

信頼=Trustとは

ご訪問、ありがとうございます。

またしても10代のかけがえのない命が自ら断たれてしまいました。
大阪・高2自殺、「自殺の原因は体罰」
生徒が教師を殴ると、「暴行・障害」と直ちに認定されて警察が呼ばれるのに対し、
教師が生徒を殴ると、「体罰」というオブラートにくるまれる言い方になる。
しかも容認すらされてしまう。

これっておかしくありませんか?

明らかに教師は守るけど、生徒は守らない
以前のブログで滋賀県大津市のいじめ自殺を取り上げた時も感じましたが
教育委員会しかり、校長しかり、彼らは教師を守ることが第一優先であり、
生徒を守ることは二の次であるようです。

大川小学校の悲劇は終わらないでも感じましたが、本当にどこまでもどこまでも
教師は守られるのですね。子どもの命を奪ってでも。
それが本来の仕事なんですよね。
私たち保護者の立場の人間としては、自分の子どもの命は自分で守らなくてはならない
簡単に学校に預けてはいけないと、認識を変えなくてはならないのです。

誤解しないでいただきたいのですが、私には身内に教師がおります。
そして、イギリスの先生たちと比較しても、日本の先生たちは、本当に一生懸命で
身を粉にして、神経をはりめぐらせて働いているのを見聞きします。
担任教師3名につき秘書が1名いてもいいんじゃないかとすら思います。
本来、勉強さえしっかりと教えていただければいいはずなのに、あまりにも学校内での
雑用的な業務が多いと聞いたこともあります。
どんな仕事でもそうですが、ストレスの多い仕事の一つでしょう。

そもそも部活動の顧問を一介の教師が自分や家族との時間を犠牲にして放課後も土日も
つきあうこと、そのものが異常といえば異常です。強い学校であれば、周囲からの期待や
プレッシャー、意欲ある生徒が入ってくる責任感のようなものだけでやっていけるほど
人間は崇高でしょうか?そんな神様のような顧問の教師もたくさんいるかもしれませんが、
やっぱりおかしい。手当は雀の涙で、事実上ボランティアです。
私も、そんな日本の部活動をそれが当たり前だと思って受け入れていましたが、
これまた海外へ出ると、学校での部活動というのは最低限の供給だけであり、
それ以上、やりたければ個人の範疇になります。つまり外部のスクールやクラブへ行く以外の
選択肢はありません。

大会やオリンピックへ行くような選手はどうして発掘されるかは、やはり外部の
スクールやクラブでキラリと光る子はスカウトという制度でしかるべき場所へ行くのです。
シンプルこの上ありません。
メリットとしては、日本では意欲さえあれば、どんな子へも部活の場は提供され、
強豪だろうが弱小だろうがそこで汗を流したり、一丸となって集中する青春の場を
平等に体験できるのに対し、イギリスでは、経済的に外部のクラブなどへ行けない子も
多数存在し、スポーツに打ち込む、とか楽器を弾くなどという場を提供されず、意欲も
経験もないままの生徒が圧倒的多数おり、勉強もしない、スポーツも楽器も興味なく
長期休暇に宿題もろくに出ないので、目的もなくぶらぶら過ごすというデメリットも多いのです。

日本はわりと昔から暴力が肯定されてきた歴史があります。
軍隊もそう、昔の学校全般もそう。男女間もそう。
すなわち女子どもの人権が著しく低かったわけですね。
人権侵害です。
DVも、虐待も、体罰も。パワーハラスメント、モラル・ハラスメントという言葉も
浸透してきつつありますが、それも暴力は暴力。手を出すのも、言葉で痛めつけるのも。
暴力をふるう人間は、精神的に未熟、に尽きると思います。
たたかなければ伝えられないというのは、自分の未熟さを正当化する言い訳です。
幼児は言葉がわからないから、躾の為にたたくというもの言い訳です。

そもそも「信頼=Trust]に欠ける行為です。

相手を「信頼=Trust」できないのは、実は自分を「信頼=Trust」できないから。
自分の鏡として目の前にいる、身近な相手を殴るのです。つまり本当に殴りたいのは自分。
嫌いなのは、信頼できないのは、許せないのは、まぎれもない自分です。
相手に自分を投影しているのです。

自殺した高2男子がされた行為は人権侵害であり、ハラスメントの被害者です。
あなたの子どもを加害者にしないために~モラル・ハラスメント相談ブック
中尾先生の解説はなるほどと頷きます。
サイレントハラッサーとカウンターハラッサー

あなたはかけがえのない大切な存在です。



癒し・ヒーリング ブログランキングへ押してくださってありがとうございます



スポンサーサイト

テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。