スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

前世療法(ヒプノセラピー)体験談

ご訪問、ありがとうございます。

過去記事で感想をいただいたヒプノセラピストのMiwakoさんからセッションを受けた
体験談をお話しします。

いくつか受けさせていただいた中で、一番印象に残っているのは、
インディアンの時の過去世でした。

誘導催眠の前にカウンセリングで今日のセッションのテーマを探ります。
出てきたキーワードは「時間に追われる」でした。

誘導されて、過去の扉を開けて歩いていくと、歩いている自分は自分なのだけど
今の自分ではない、でも自分の眼を通して見ている感じです。
何やら洞窟のような光がささない道をずんずんと一人で進んでいます。
足は裸足だったかな?
男性で、筋骨隆々とした若者の体、腰に動物の毛皮のようなものを巻き、顔に入れ墨
頭に鳥の羽がついたわっかのようなものを巻いていて、髪は長くて三つあみ。

これってインディアンじゃん!?

意識はちゃんとあるので、思わず、やっぱりインディアンの過去生はあったんだ!
と、妙に納得。インディアンものの映画や本、映像やCDなどにとても魅かれていたので。
そもそも私がヒーラーになるきっかけとなった最初は、義理の父が、秩父の実家で
鷹の羽を見つけたらしく、まわりまわって「珍しいものだから」という理由で私の
手元に届いたのがきっかけ。
とても素敵で、「インディアンの羽」と、ピンときた私はすぐにネットで調べました。
すると、羽は元々シャーマンの儀式に使うものだということが初めてわかりました。
シャーマン・・・この言葉は私をとらえて離さず、私はシャーマンの儀式を知ってるような
気がしたのでした。

そのインディアンの彼は、他の部族の代表が集まる会合に参加するつもりで歩いていた
らしく、洞窟を抜けると草原のような広々とした場所に出て、インディアンのパオ?
らしきものが立ち並ぶ中、長老らしき人が2人、そして若者が5、6人、円になって
何やら話し始めました。

話の内容は、もう既に白人社会は不動のものになっていて、理不尽にも白人に住む場所を
追われたり、小競り合いや焼き討ちなど、女性も子どもも殺される悲惨なシーンが
何度も出てきました。自分で見ていて、力が抜けるような辛い映像でした。
その為に彼らは、土地を捨てて保留地へ移動するか、命をかけて戦うかを合議していました。
私である彼は、もう血を流したくない、という気持ちの方が強く、白人と迎合して生きる
という意見をおしていました。インディアンの合議制は、最後は長老が決めるらしく、
どんなに多数な意見でも、長老がNoと言えば絶対にNoというシステムのようでした。

しかし、時代の流れなのか、長老は私である彼と同じ意見だったのですが、血気さかんな
若者たちは、ふりきって闘うことを選びました。

長老は「もはや彼らを止めることはできない」と力なく言ったのでした。

私である彼は、ある白人の男性と友情にも似たようなつきあいをしていました。
その白人男性も、血を流したくないと言う思いは共有していました。
何度も話し合い、なんとかいい条件で居留地へ行くというプランを模索しあってました。
武力でなく、話し合いで、もちろん圧倒的に不利な条件だったけど、白人と同化し
もっと便利で快適な生活を営むことを選びました。

場面は移り、数十年後のこと、私である彼は老年にさしかかっていました。
馬に乗って草原を駆け廻っていた時代はもはやなく、白人と同じ文明的な生活を
営んでいました。家には食器もベッドもソファもありました。
孫らしき人たちは英語を話し、学校に通ってます。

私である彼は思いました。

物質的には豊かになったかもしれないが、仕事も居住地も限られていて、決して
自由ではない。以前のように、時間に縛られることもなく、自由に、思いのままに
生きていたあの頃はもう帰らない。
失っものはあまりにも多すぎる・・・それでもこの生き方を選んだのだ・・・

途中で、部族の名前と場所で思いつく名前は浮かびませんか?と聞かれたので、
「チェロキー」と「コロラド」という言葉がすっと出ました。

後から調べると、チョロキー族は文明化五部族のうちの一部族で、
白人と同化政策をとった部族であることがわかりました。
チェロキー族の語源は「洞窟に住む者」なんですって!
重要なことは合議制で決めること、長老が最終決定することなど、もちろん
映像で見た内容は今の私が知識として知っている内容ではありませんでした。
それでも、映像の場面を追っていくと、見たまま知っていることが口をついて出るし、
どうしてもわからないことはわからなかったです。
とても不思議な体験でした。

時間に追われることにストレスを感じていた私ですが、
前世療法(ヒプノセラピー)を通して納得です。
それで何が変わる?と、思われるかもしれませんが、それ以降、時間に追われることを
素直に受け入れるようになりました。そこにストレスを感じなくなった自分がいるのです。
気づきが起きて魂が納得すると、癒し(ヒーリング)が為されて楽になるってこういうこと
なのですね。

ご興味のある方はみわこさんまでお気軽にお問い合わせください


癒し・ヒーリング ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。