スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

ホメ言葉

ご訪問、ありがとうございます。

私の11才の息子は、セカンダリースクール7年生、日本で言えば中1
なのですが、学校で作ったといって持ってきたのがコレ

画像+166_convert_20120209103602

同じクラスの生徒同志でいいところを見つけあって表現するという試みでした。
本人はもちろん、親も思わず笑みがこぼれます。

日本語って繊細で、擬音語擬態語など種類がとてもたくさんあるのですが
ホメ言葉って少ないと思いませんか?
「すごい」「うまい」「よくできました」「上手」
は、比較的よく聞くホメ言葉ですが、あまりおおげさだと嫌味っぽいし、
みなが普通にできる程度のことだとやれて当たり前みたいなところがあって
ホメるには値しなかったりしますよね。

英語だと「EXcellent!」「Grate!」「Well done!」「Amazing!」なんていうのは
割とさらっとみなさん出てきますね。
ほめるの上手だと思います。

学校の先生も面談などでは、苦手なところをつっつくことはなく、
「Readingを家で毎日10分しましょう」などと言って
どちらかというと、強化しましょう、といった言い方をします。
あとはひたすらホメる、これができる、あれが素晴らしい!
という感じです。

息子の以前の担任の先生は、
「あなたの息子さんを教えることができて、私はとてもLuckyでHappyだったわ!」
と、のたまいました。
日本にこんなことを言う先生がいますでしょうか?
でも言われたら、嘘でもうれしいかも?

日本でもイギリスでも、息子は優しいと言われることが多いですが
やっぱり「Kind」は大きく目立っていますね。

きっとそれは本質なんでしょう。







スポンサーサイト

テーマ : ポジティブでいこう!
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。