スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

メタメディスン(Meta-Medicine)についてその2

ご訪問、ありがとうございます。

さて、前回のブログに引き続き、メタメディスンの考察その2ですが、

症状は、忘れた頃にやってくる!のです

急性症状は除きますが、症状には個人差がありますので、
ウイルス性胃腸炎でもインフルエンザでも、潜伏期間というのがあります。
この時はもちろん元気なんです。
例えば、目の前に楽しいこと、旅行やパーティやとにかくワクワクする気分
の時は、潜伏期間が長くなります。そしてさんざん遊んで終わってホッとした
瞬間、がくっときて、症状が出るのです。
うちの子ども達は、わりとこれが多くて、学校が長期休みに入った途端
発症することがあります。


・・・現在進行形の原発・放射能汚染ですが

「ただちに健康に影響がない」というのはメタメディスン的論理でいくと
全くその通りなんです。

それでも直後に、特に子どもたちの間で、急性症状の鼻血などは出ている
ケースはあったようですが、それを見て避難を決断された方はまだ幸いです。
急性症状に感謝です。
しかしながら、子どもというのは、素直な反面、親の顔色を伺う天才でもあります。
これが一番怖いです。心配かけないように、元気でいなくっちゃ!
という気持ちで、いっぱいいっぱい頑張っている状態が長く続くと
いつか慣れ、緊張感がほぐれ、がくっとなった時が危険です。
元のストレスがない状態に身体が戻ろうとした時、内部被爆でやられると
症状が起こることがあります。

どうか、子どもの様子をよく観察してください。

避難された後も、油断はできません。

被災された方、仮説住宅に入られて今は元気そうにしていても
いつどうなるか、わからないのです。
常に声をかけあって、様子を見てください。

症状は、後からやってきます。

夏まではなんともなかった、
秋まではなんともなかった、
そういう方こそ今後が危険です。
皆、同じ未曾有の3・11大震災を経験しているんです。トリガーはひかれています。
直接被害はなかった方でも同じです。
ショックを受けたということは、いつか必ず何らかの症状が引き起される
可能性が高いのです。
テレビでは、普通にお笑いやドラマ、ワイドショーなどをやっています。
一瞬、何事もなかったかのような平和な状態が注意なのです。

少しでも気になることがあれば、我慢せずにすぐに対処してください。
持病のある方は、今後一層の注意が必要です。

辛かった
苦しかった
悔しい
傷ついた

そんな感情をできるだけ早く外に出しましょう。

傷ついたご自分をいたわってさしあげてください。




スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。