スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

メタメディスン(Meta-Medicine)についてその1

ご訪問、ありがとうございます。

お友達のスピリチュアルヒーラーのMさんに
メタメディスンというキネシオロジーを使ったセッションのケーススタディを
依頼され、早速受けに行ってまいりました。

キネシオロジーには200種類を超える流派があります。

NLPマスターでもあるカナダ人のリチャード・フロック氏が開発した英国発祥のメタメディスンは、
通常、心的外傷によるトラウマの存在は認めても、あくまで科学的には証明されない分野でした。
ところが、彼は、メタメディスンの研究によって、トラウマによるダメージが、大脳皮質に実際に
現れることをCTスキャンで明らかにしたということなのです。


一般的にキネシオロジーは、症状に対する原因にアプローチできる効果的なツール
なのですが、これが脳科学的にも証明できるということなのです。

タッチフォーヘルスでも陰陽五行論により、怒りの感情は肝経の経絡(気の流れ)に影響を
与え、肝臓にダメージを与え、恐怖の感情は腎経の経絡に影響を与え腎臓にダメージを与えると
いうように、特定の感情が特定のルートを通って、特定の臓器に影響を与えることは
キネシオロジーの基礎で学ぶことですが、このことが脳科学的に証明されるということは
本当に素晴らしいことです。

現代西洋医学において、東洋医学が医大で学ばれることは皆無です。
しかし私たち日本人にとっては、ほんの数十年前まではすぐそこにあった医学だったのです。


さて、話を元に戻しますが、
メタメディスンは、※下図はホームページより引用メタメディスンMM_9PointsHealth520

この表から簡単に説明すると、の健康な状態から、何らかのストレスフルな出来事
引き起こされ、のストレス状態が長く続いた後、その状態から開放され、というストレスが
緩和されるキッカケが訪れ、元の健康な状態に戻ろうとする過程で、⑤~⑧の症状が始まるのです。
そうです、症状は、悪いことではなく、回復する為に必要な過程なのです。

しかし多くの場合、その症状の原因にアプローチすることはほとんどないし、大概は
症状が始まる直前に何かなかったかフォーカスしたとしても、対処療法で投薬などを行うので
急激に抑えられた症状の反発かもしれないですが、体が本当に回復していけるのか、お試し的に
症状が一時的にピークに達することがあるのです。これがです。
この時ばかりは死を迎えるほどの重篤な
状態になることもあるので、対処療法ではなく、即、救急車とか、医学的治療が必要とされます。
西洋医学の恩恵、出番はまさにこのだけ?といっても過言ではないかもしれません。
はいわゆる「峠を越える」っていうやつですね。
昔の日本人は、免疫力と自然療法だけで生きていたので、それを乗り越えた者は本当に強いし
長寿ですよね。私の祖父も97歳、元気です。祖父は予防接種等、一切受けてないです。
のヒーリングピークに耐えられず、あっけなく死を迎える者も多かったでしょう。

昨日まで元気に回復しているように見えたのに、急変、ということをよく聞きますが、
メタ・メディスン理論、理にかなっているな~とすごく納得です。

回復が目に見えるものの、根本原因が解決されたわけではないので、再び
症状がぶり返しつつも、食生活に気をつけたり、療養したり、治す努力をすることによって
自然治癒力がうまく働けばの完全回復に至るというものです。
このように、症状の原因は、何らかのストレスであることは間違いないようです。

私の気になる症状は、目のかゆみでした。
イギリスに来てから始まったので、何らかのアレルギーなのかと思っていたのですが、
この原因にメタメディスン的にアプローチすると、

原因は「やりたくないことにNoが言えず、無理して我慢してやってしまい、
本来のやりたいことが思うようにできないこと」
でした。
このことが心臓に負担をかけ、異常とまではいかないのだけれども、心電図で必ずひっかかる
要経過観察な状態を生み出し、ルート的に目のかゆみとつながっていることが判明しました。

やりたくないことは、私の場合、「家事」でした(笑)
やりたいことは「セラピーの仕事」でした。
イギリスへ来てから発症したのは、日本での長いストレスフル状態から開放されて
子供も大きくなり、仕事も徐々に始められるようになって、いろんな意味で楽になったことで
目のかゆみが始まったのでした。

現在目の前で起こっている症状は、過去の苦しさが引き起こしていることだったのです。

しかも私の場合、ほぼ毎日、1日2回以上、目のかゆみが起こっていたので
慢性化していました。表で言うと、⑤、⑥、⑦の状態で足踏みし、にはいかなかったのです。
根が深い状態でした。もしこのまま慢性化していたら・・・将来的に心筋梗塞とか、何らかの心臓の
疾患につながっていたかもしれません。

原因を正しく知ることは大切なことですね。


メタメディスン的修正もしていただきましたし、気づきがあったせいか、
症状はかなり落ち着いているように感じます。

Mさんは医師でもあり、ロンドンのカレッジでスピリチュアルヒーラーの資格も
取られて、尚このメタメディスンを習得中です。
西洋現代医学、東洋医学、補完医療のかけはしとして今後のご活躍が期待されます。
ケーススタディを募集中ですので、ご興味のある方はメールフォームより
お問い合わせください。
スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。