スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

そういえば音がない

ご訪問、ありがとうございます。

 少し前に、ベルリンからわざわざIHキネシオロジーに興味を持って
下さったクライアントさんがお越しになってくださいました。
ワーキングホリディで来られて、まだ4ヶ月なのだそう。
その方と話して、日本との違いにまたあらためて気づかされました・・・

日本にいると、視覚から聴覚から情報が膨大に入ってくる
そして当たり前のように受け入れてしまう。
でも、それはリラックスどころか、益々心身は疲弊してしまうという話に。

音がない世界に慣れてしまうと、日本に帰国してからの様々な
音が、神経に障るのですね。

ベルリンも、そしてイギリスも、音がない。
喫茶店も、パブもレストランも、スーパーマーケットやコンビニも
クリスマスが近づいたとしても、デパートに入ると「ジングルベル」が
けたたましく聴こえてくる・・・なんてありえない。
お仕着せの音楽など、わざわざ流す必要はない。
聴きたい音楽は自分で取り入れるのだから。

子どもの塾の先生との話で、雪がしんしんと降る音・・・と言っても
今の子にはわからないかもしれませんね。
と、いう話になりました。
先生も私も雪国で育ったので、しんしんと降る雪の音がわかる
ということが体でわかっています。
でも口では伝えにくいですね。
そのそも「しんしんと」という音は鳴っていないのですから。
土や葉や木や屋根などが雪と触れ合い、積もった雪とまた触れ合うことに
よって出てくる波動のような音なのかもしれません。

五感というものは、そうやって鍛えられていくのかもしれません。

都会の喧騒や、ざわめき、車の走る音、テレビの音がいつも
近くで聞こえていたら、なかなか難しいですね。


ベルリンから来られたクライアントさんはこうおっしゃいました。

ここにいる限りは、自分中心に考えたり、行動することができる。
周りに動かされることがなく、周りの思考に影響されることもない。
ゆっくり静かに自分をみつめてみたいと思います。



節電するなら、音を消してみてはいかがでしょう?

自分の内なる声が聴こえてくるかもしれません。





スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。