スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

階段から落ちる

階段から落ちました~

イギリスのおうちの階段は、日本と違ってじゅうたん敷きです。
ハッキリ言ってすべります。しかも間隔が狭いです。
子どもたちは四つんばいの格好になってすべり落ちながら遊んでます。
でも大人にはそんなこと出来ません。
手すりにつかまらないと本当につるっとすべります。
何度かヒヤッとなりながらも、悲しいかな長年にわたって
「階段は駆け下りるもの」だと身体にインプットしている為に
つい忘れてしまうのですね。

その日は夫にせかされてまだまだ山積の段ボールを空ける作業を
してたのです。空になった段ボールを下に運ぼうと階段を降りようとしたら、

「つるっ!!」


やってしまったと止まろうと思っても止まらない・・・
一番上からザザーっとすべり落ち、最後に左肩と右ヒジを打って止まりました。
特に左肩はかなり強打したらしく・・・重苦しい痛みやしびれ・・・・
これはマズイと瞬時に判断し、午後の予定をキャンセルして病院に。
とりあえず、私はこれでもヒーラーなのでひたすら気を流してセルフヒーリング
英国といえど、医療だけは言葉が通じる日本人医師の存在はありがたい。
某Sいたま市の「KKず先生の3分診療(笑)」→スイマセン、わかる人にしかわかりません
に慣れきっていた私には、さんざん症状について言うだけ言ったのに


「他に何か気になることはありませんか?」


なんて2回も聞かれ、感動のあまり「海外引越しは大変で云々・・・」と、
余計なことまでしゃべってしまいました。次にお待ちの方ゴメンナサイ。

・・・そんなことはおいておいて
そもそも息子の学校が決まらず、ずっと家にいたので、段ボールを空ける作業
がなかなか進まず、自分の中では、息子が学校へ行って昼間自分のペースに
なったらさっさかやってしまおうと思っていたのに・・・
突然「邪魔だと」激怒されて急かされた為にしぶしぶ空けることに・・・
要は気が進まぬ作業だったことを思い出し
ちょうどいろんな無理や疲れがお互いたまっていたのでしょう。


「半分はあなたのせい!」

と、つい言ってしまい、彼は当然更なる激怒
どちらかというとかなりの抑圧タイプで、しかも「良い人に見られたい」願望の
強い夫は1年に1回くらいブチ切れて、人に手はあげないが物に当たりちらす。
(あ、もちろん良い人です、念の為^^仕事も家事も手を抜きません)

会社だってすごく誰よりも早く行って準備万端状態で安心したいのでしょう。
それが、朝息子を送っていかなくちゃならないハメになり、会社に早く行くことが
出来なくなってしまった。日課を変えることへの嫌悪もあり、
なぜか今回当たった物は、段ボールと息子の制服。
私もしおらしく引いたりなんかしないタチなので、当然言い返し、
家の中は険悪な雰囲気に・・・
息子は泣き出すし、娘は全員をなだめる・・・

余談だが、こういう時の娘の行動はスゴイ。
「ママ、大丈夫?」
「パパ、何で怒るの?」
「ママ、○○だって」
「パパこう言ってるよ」、などと伝書鳩役も買ってくれるし、とても冷静

私は、この肩の強打は、「無理をしない」「ねばならぬを手放す」メッセージだと
直感したので、とにかく3日間、家事一切を放棄し、腕を動かさないことにした。
子どもたちは洗濯物たたみやお皿洗いを頑張ってくれました、ありがたい
そして今までこどもたちに持たせていたお弁当作りも早々に断念。
子どもたちが慣れるまではと頑張って毎朝お弁当つくっていた私。
(私のことをよく知ってらっしゃる方には、それがどんなにらしくないことか
おわかりのハズ
何で子どもたちを日本人学校に行かせなかったかって理由が他でもない
日本人学校はお弁当という選択肢しかないから。
それをするくらいなら、英語のコミュニケーションの方がまだマシだと判断した私・・・
義理の母にはそんなこととても言えない・・・(お義母さん、スミマセン

ちなみに現地校は給食とお弁当を選択できます。
日本人ママの家庭は半分以上がお弁当を選択してます。
でも夫も意地だったのか、1週間自分で息子にお弁当をつくって持たせました。
見事にチャーハンを敷き詰めたお弁当とか・・・頑張ってたけど
大変さはわかったかなあ?
娘は給食が意外と好評で、美味しくはないらいいけど、ブッフェ形式なので
ワイワイやりながら食べる雰囲気が楽しいらしい。ホッ

この険悪な雰囲気はどうなったかって?無事改善しましたが
その魔法のような方法は次回に続く・・・・

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメント

あれまぁ(>_<)

大丈夫?

私も駅の階段から転げ落ちたことあるけど、止まらないんだよね~。
痛かったけど、恥ずかしさが勝って(ーー;)
同期と移動中だったので(独りじゃなくて良かった~)って思ったよ。

しかし次から次へとハプニング発生だね(^_^;)

でもいずれ経験することなら早いに越したことないか(^_-)-☆

Re: いけちゃん

大丈夫、医者でも「最初の所見からすると回復早いですね~」
って言われました。

駅の階段は痛かったよね~大きなケガがなくて何よりです

大丈夫?(゚◇゚;)

痛かったでしょう。。荷物を持って降りるのは危険よね!私も去年、実家の階段からザザーって落ちたよ。何十年って住んで慣れててもあるんだもん。気をつけてね!!

それと、ご主人!絶対ママの方が大変なのに子供のことでやることが増えたからって怒っちゃいかんよね(*・ε・*) ぶー

Re: tamuraさん

けっこう皆さん階段から落ちてるのねぇ。私は落ちた記憶がないので
ちょっとショックだったのだけど、ホント、気をつけないとねえ
Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。