スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

息子、学校に行く

やっと息子の小学校が決まりました!5月5日、こどもの日デビュー!

日本で3月26日に行って以来、夏休みレベルの浪人生活にやっと
終止符です。いやあ長かった
電車で一駅、公立校なのにバリバリのクリスチャン学校・・・
由緒ある教会の裏に、昔は神学校だったんじゃないかという感じの厳かな
雰囲気の小学校。黒のブレザー、カーディガン、白ワイシャツ、赤ネクタイに
グレーのズボンのちょっと大き目の制服だけど、見ようによっては
良家の子女にも見えます。

期待と不安の中、朝はパパに送ってもらい、心細そうな顔で登校しましたが、
帰りにお迎えに行くと、開口いちばん

「楽しかった!」

えっつ????楽しかった?
もしや親に心配かけない為に無理にそんなことを言っているのか・・・
いやそんなはずはない、そんな配慮ができる息子じゃない・・・
私だって親が転勤族で転校を4回もしたけど、初日に楽しかったことなど
一度としてないのに!そんなありえないでしょ?
クリスチャン学校のせいか、アジア系がほとんどいないように見えたけど、
同じクラスに日本人の女の子とハーフの女の子がいることが
わかり、ほっと一安心。サポートをしてもらったそうです。
まあ、でも話しかけてくれるイギリス人の子が何人もいてくれたそうで、
1人ポツン、なんてことはなく、先生も個別サポートをしてくれたそうです。

なんて懐の深い国、イギリス

「何て言ってるかわからなくて嫌じゃなかったの?」と聞いても
「何となく言ってることが僕、わかるよ、でもしゃべれないから日本語で話してる」

一応、息子は3才から英会話を週に1回やってきてはいた。
でも単語は読めないし書けなかったし、簡単な決まり文句くらいしか話せず、
でも、耳だけはいいと褒められてはいた。
そんな日々の努力が実ろうとは!とりあえず、英語のシャワーを浴びて
インプットし続けたらアウトプットが少しずつできるようになるのだろうか?


とりあえず、様子を見ながらも一安心

さて、帰りは私が2人ともお迎えなのですが、学校のお迎え時間がほぼ重なる
為、娘は月、火イギリス人のシッターさんにお迎え&1時間のお世話を頼み、
水~金は息子をAfter Schoolというお預かり施設に預かってもらうことにして
両方のお迎えをこなすやりくりをすることにしたのです。
これまた大丈夫かな~?と懸念してはいたものの、どちらも問題なくスムーズに
事が運び、目途がつきました。

娘はすでに通い始めて10日経過、毎朝泣いて暴れて行きたくないと叫んで
いました。が、しかし朝の儀式みたいなもので、すぐに元気なっていると、
同じクラスの日本人の男の子に様子を教えてもらってはいたので、
それほど心配はしてませんでしたが、朝もそのうちだんだん静かになってゆき、
そのうちハンカチで涙を拭きながらも自分で教室に入れるようになり、
ついに10日目にして笑顔でバイバイに
「ケイケイ」「ジェシカ」「リュイちゃん」といった仲良しの女の子のお友達も
いるらしく、見るとバリバリの日本語で話してました。

「あたし、黒い子は嫌なの」
「みんなの目が怖い」
「何言ってるかわからない」
と、毎日ブーブー言ってはいましたが、「でも少し楽しい」って。

子どもの順応性ってスゴイ!
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメント

No title

早速来ました。お子さん達が学校気に入ったみたいで、よかったですね!
両隣に住んでる方の感じも含めて、ご近所の環境が良さそうなのはラッキーですね。
私の友人に帰国子女だった人がいますが、4人兄弟のうちで受験の心配がなかった妹さんと弟さんが現地校に通い、イギリス駐在は2年でしたがすっかり英語ペラペラになったそうです。ただ帰国後に中学に入った妹さんは、英語の先生からCanの発音を直されたそうです…

またちょくちょく見に来ます!

No title

無事二人とも学校おちついてきてよかったね~!それにしても、電車で一駅・・大変そうだ。制服があるんだね。似合いそうだなv-411

No title

懐が深いかは別として・・・笑
特別視しない、されない・・・っていうのは、ロンドンらしくて良いですよね。ほんとに人種の坩堝だから、何でもアリな雰囲気は、敷居が低くて楽かも。

日本では味わえない体験だから、みんな、楽しく過ごされると良いですねー。

Re: Re: エリさん

> コメントありがとうございます。
> またお会いできる日を楽しみにしています

Re:tamuraさん

> 本人も制服はちょっと気にいってるみたいです^^

Re: みちこさん

> 先日は素敵な経験をさせていただきましてありがとうございました。
>
> > 懐が深いかは別として・・・笑
>
> たしかにv-356
> 人と違う、同じでないことが容認されるという雰囲気は楽に生きることができますね
Secret

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。