fc2ブログ
     

怒りの投影

ご訪問、ありがとうございます。

東日本大震災から2ヶ月以上、経ちました。
今回の震災でお亡くなりになった方、お身内を亡くされた方、
未だ行方不明の方、本当に心からお悔やみ申し上げます。
そしてあの日からずっと体育館等で被災されている方へお見舞い申し上げます。


しかしながら、重要な情報はただちに発せらることはなく、
原発におけるレベル7にしても、メルトダウンにしても、海外のメディアにおいては
震災直後から、チェルノブイリ級だ、メルトダウンだと報道されていたものの、
当時の公式発表では、「安全だ」「ただちに影響はない」を繰り返した東電と政府に
怒りを通り越してただただあきれかえってしまう。

3月16日には、政府が隠した被爆予報マップには、すっぽりと関東が入りこんでいて
もはや言葉が出ない。

パニックを避ける為なら何をしてもいいのか?

せめて屋内退避を促すことはできなかったのか?

マスクは?せめて乳幼児のいる家庭だけでも徹底できなかったのか?


「政府を信じる」という自治体は多いだろう。

しかし、それこそが事なかれ主義、思考停止である。
平和な時はそれでもなんとかまわるかもしれない、でも2ヶ月前も今も非常時です。


戦後66年経つ今、国を信じて散っていった亡き英霊たちの声が聞こえるような気がする

勝つ見込みのない戦争に、愛する家族を守る為に身を投じて散っていった人たちがいた。

歴史は繰り返す、日本は国民を見殺しにする国だったのだ

結果、多くの国民が被爆してしまった事実は消せない。

許せないのは、誰もちゃんと謝らないし、責任を取らないことだ!

そんなズルい大人の姿を、子どもたちはちゃんと見ている、忘れない


今日は、ここ数日に溜まったあらゆる怒りが爆発してしまい、
おそらく、何もできない無力な自分に一番怒りがあり、それを日本政府に投影して
いるんだろうとわかってはいるのです。

おつきあいくださってありがとうございます。






スポンサーサイト



テーマ : 自分にできる事から
ジャンル : 心と身体

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード