FC2ブログ
     

家族セッションその2

ご訪問ありがとうございます。

お次は、娘編
6歳になったばかりの娘、高熱の後は突然じんましんが脚、腕、若干顔に出てきました。
今までこんなたくさん出たことはありません
夜、寝静まってから慶太さん雪乃さんご夫妻に簡易IHセッションしてもらいました。
しかしながら、寝ているせいもあるかもしれませんが、キネシオロジーの筋反射で
なかなかOKを出してくれず、ヒドゥン(秘密)モードから進みません。
簡単に言えば、感情を隠してり、奥深くに抑圧しているのです。
かたくなに「見ないで、触れないで」状態です。でも身体には症状が出ているので、
悲鳴をあげているのは間違いないのです。
お水を飲ませたり、浄化スプレーしたり、潜在意識と会話をしながらやっとセッションを進める
OKをもらいました。

キネシオロジーの筋反射で探ると、奥に隠された娘の問題は「言語」でした。
でも「英語」ではないのです。反応があったのは「言語」
「言語って何?」と、聴くと、「チャネリング言語」だそうです。
つまり娘の場合、日本では人とコミュニケーションを取るとき、チャネリング能力を
使っていたそうなんです。
でもロンドンに来てから「英語」ではその能力を使えなかった為に苦しんでいたのだそう。
驚くなかれ、子どもはたいがいチャネリング能力を使えています。
赤ちゃんの時、よく誰もいない壁に向かってむにゃむにゃお話したりします。
守護霊さんや妖精、天使、木の精霊などとお話していたのかもしれません。
しかしながら、成長と共に左脳をよく使うようになり特定の言語が定着してくると
残念ながらそういった能力は少しずつ消滅していきます。

娘は、今までのやり方が出来ない為に、精神的に混乱状態にあったのですね。
で、それを解除していただき、英語の言語でも大丈夫なように目標設定し、
さまざまな修正をして、セッションを完了しました。

「私○○は、どんな言語でも今までと同じように楽しく
コミュニケーションをとります」

半覚醒状態の娘に変わって、母の私が代理で目標設定しました。

翌日、一応医者に連れていったところ、診断は「リンゴ病」でした・・・・
確かに初めて罹りました。でも人によって顔が赤くなるだけの子いれば、
うちの娘のようにひどく出る子もいます。うちの娘は膿を出し切るがごとく
派手に出て、かかりきりました。
息子にもうつりましたが、顔と腕に若干出ただけでおさまりました。

さて、うちの娘、その後様子を見ていると、そんなに大きな変化はみられないものの、
夏休みも始まってしまい、確めるすべもなくいましたが・・・・
夏休み中のアクテヴィティに参加することを自ら決めました。
「あたし、お絵かき(Arts)ならやりたい」
息子とは別のアクテヴィティだし、日本人の友達と一緒に申し込むわけでは
ないのですが、本人はやる気まんまんなので申し込んでしまいました。

へぇー、知ってる子いなくてもいいんだあ???
母として、今までの娘の様子からとてもそんなこと言い出すとは思えないのですが、
後日談はまたのちほど報告します。

いい結果が出るといいな~
スポンサーサイト



テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

プロフィール

チェリー郁子

Author:チェリー郁子
岩手県生まれ、群馬、東京、埼玉そして
2009年4月よりロンドン西部在住。
自宅にてセラピー&ヒーリングの個人セッション,キネシオロジー講座を開催しています

キネシオロジーセラピスト
Integrated Healing Practitioner
前島式共鳴気導療法認定ヒーラー
心理カウンセラー

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード